事業計画書の書き方で重要な4つのポイントが分かる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いきなりですが、あなたは事業計画書の書き方について、以下のことで悩んでいないでしょうか?

  • 事業計画書の具体的な書き方が分からない
  • 事業計画書の見本になるようなものを知りたい
  • どこに出しても合格点がもらえるような事業計画書の書き方を知りたい


事業計画書は起業時に必要になるのはもちろん、社内で新規事業を提案する際や来期の予算を稟議にかける際など、様々なシーンで使うものです。

事業計画書が必要になる状況というのは、次に挙げるようなケースがあると思います。

  • 起業するとき
  • 社内で来季予算を確保するとき
  • 金融機関から融資を引き出すとき
  • 取引先やパートナー企業から協力を得るとき

いずれの場合においても、事業計画書の完成度によっては、大きく展開が変わってきますので、ビジネスとしての目的が達成できる事業計画書を書かなければならないと思います。

その事業計画書を見た関係者が深く理解し納得してくれる事業計画書を、効率よく仕上げるためのコツなどを紹介していきます。

きっと、この本文を読み終えるころには事業計画書の書き方が分かると思います。

少なくとも、事業計画書の書き方の全体像が掴め理解が深まることは間違いありません。

1.事業計画書作成の必須項目

事業計画書を作成していくうえにおいては、この形でなければならないというものはありませんが、ある程度の基本形となるような必須項目というのがあります。

1-1.事業計画書の6つの必須項目

事業計画書に盛り込むべき6つの項目について解説していきます。各項目についてさらに細分化できる場合には、その構成要素にも触れていきます。

  • 事業プラン名
  • 事業内容
  • 顧客・市場・競合調査
  • 仕入れ・販売計画
  • 経営・財務計画
  • リスクと解決策

1-1-1.事業プラン名

興味を引くようなネーミングにすることがポイントです。例えば「東京都豊島区における美容院出店計画」みたいなプラン名だと、相手がよほど豊島区に思い入れでもなければ、興味を引くことはできません。

事実を淡々と書くだけではだめです。「豊島ファッション情報区宣言!~代官山に勝負をしかける美容院~」のように、事業に対するあなたの情熱や熱意・コンセプトが伝わるような名前を心がけましょう。

1-1-2.事業内容

どんな人にどんなサービス・商品を提供するのか?その市場を狙うメリットはあるのか?といったことに触れていきます。事業の将来性を訴えることがポイントです。

定食屋のような飲食店を出すにしても「アニメ文化の強い秋葉原で、漫画やアニメで取り上げられた料理を提供。声優・作家を招いたイベントを定期的に開催して、アニメ文化の認知度を高め、海外出店も視野に入れたい。」といった感じに仕上げていきます。

■事業内容の構成要素

  • ビジョン
  • 事業ミッション
  • サービス・商品の概要
  • テクノロジー

1-1-3.市場・顧客・競合調査

市場規模や動向、顧客ニーズの状況はどうなっているのか、その市場で自分たちはどのような立ち位置を目指すのか、どんな競合がいて、その競合とどのような差別化をしていくのか、などを明確にすることが必要です。

例えば、美容院ならば「豊島区ではコスプレイベントが定期的に開催されていることから、コスプレイヤー向けのオールインワンサービスを提供する。」といった内容を深掘りして行きます。

雑誌やネットからの情報はもちろん、実際に顧客になりうる人たちから、既存のサービス・商品に対して不満や悩みがないかを探っていきます。

もしくは調査代行会社に依頼することもできます。

リサーチ・市場調査ならクロス・マーケティング

■市場・顧客・競合調査の構成要素

  • SWOT分析の結果
  • マーケットセグメンテーション
  • 市場動向
  • 市場の成長度

1-1-4.仕入れ・販売計画

商品の仕入れから販売までのサイクルを説明します。取引先の候補からどんな商品をどんなスケジュールで仕入れるのか、どんな広告宣伝をして顧客にアプローチしていくのか、など。

■仕入れ・販売計画の構成要素

  • 顧客ターゲット像
  • 競合分析
  • プロモーション戦略
  • 販売チャネル戦略
  • 価格戦略

1-1-5.経営・財務計画

事業を行うための人員の募集方法や組織体制、必要設備、準備スケジュールなどのほか、予想損益・キャッシュフロー(資金繰り表、予想収益計算書)など。

融資を受ける際には、その金額がなぜ必要なのか、を裏付ける部分になります。

■経営・財務計画の構成要素

  • 組織体制
  • 経営陣
  • 人事計画
  • 損益分岐点
  • 予測キャッシュ・フロー
  • 予想貸借対照表
  • 長期計画
  • 資金調達
  • 出口戦略

1-1-6.リスクと解決策

事業を運営していくにあたって障害になりそうなことは潜在リスクをあげていき、それらが実際に起きてしまった時の対応方法についてまとめます。

例えば同業がいない場所を見つけて出店したけれど、同業者が近くで出店した場合の対応方法などを考えておきます。

■リスクと解決策

  • 人的リスク
  • 市場リスク
  • 製品安全リスク
  • 知的財産リスク
  • 上記に対しての解決策

1-2.予想収益は複数のプランを考えておく

事業開始前にいくら入念に予想収益を考えても、実際にその通りに進んでいくことは極めて稀です。

予想よりも順調に行くこともありますが、どちらかと言うと予想通りには行かないケースが頻発します。そこで予想収益は1つだけ考えるのではなくて、次に挙げるような項目もバックアッププランとして合わせて考えておく必要があります。

  • 予想よりも20%程度良い場合
  • 予想よりも50%程度良い場合
  • 予想よりも20%程度悪い場合
  • 予想よりも50%程度悪い場合

という具合に複数プランを立てておくのが良いです。

予想通りに行かなかった場合にどんな風に対応すべきか?を考えやすくなり、いち早く行動に移せるようになります。

1-3.ページ数・配分は適切か?

ページ数は多ければ多いほど良いというわけではありません。情報が増えることで読み手が混乱してしまい、逆に事業の魅力を十分に伝えきれなくなる可能性が出てきます。

裏付けデータなど事業計画書の本体から切り離せる部分は切り離して、添付資料として付け加えます。事業計画書そのものは長くても5分程度で読み切れるくらいのボリュームが良いと思います。

各項目の配分に関しても自分が一番訴えたいところをより重点的に触れていくようにします。この事業のどこを評価してもらいたいのか?を読み手に対してはっきりと示せるようなページ配分を心がけましょう。

1-4.6W2Hを繰り返して形を整える

事業計画書は各項目を機械的に埋めていけば完成するほど簡単なものではありません。

頭の中の事業イメージがきちんと言葉になっていれば割とスムーズに作成できるものの、ほとんどの場合、ぼんやりとしたイメージの状態で計画書づくりをスタートさせることになります。

イメージを言語化して固めていくためには、6W2H(whom,what,why,who,where,when,how,how much)から考えていくと良いです。

  • whom,what,why→誰のため、何のため、何故やるのか
  • who,where,when,how→誰が、どんな市場、どんなスケジュールで、どのように実行するのか
  • how much→資金調達、収益予想は

こうやって頭の中でぼんやりとしていたイメージをどんどん形にしていくわけですが、一発でイメージが固められるものではありません。

各項目を考えていくうちに、矛盾が生じたり、漏れが見つかったりするものです。不具合が見つかったら6W2Hを何度もやり直します。

ターゲット像を設定し直してみたり、市場を再定義してみたり。事業計画書を一貫性のある内容にするためには、欠かせない作業になります。

1-5.業種別損益シミュレーション一覧

公的機関の中小機構が運営する「J-NET21」と言うサイトには、業種別スタートアップガイドと言うページがあります。

このページを見れば、様々な業種・業態での損益シミュレーションや必要資金例が紹介されています。

「J-NET21」

起業にあたって必要な手続きや注意点なども書いてありますので、事業計画書を作る際の参考にしてください。

1-6.いろんな人に見せてアドバイスをしてもらう

事業計画書の完成度が8割以上に達したと実感できたころを目安に、できるだけたくさんの人に見てもらうようにしてください。

その際、職種であったりビジネス経験は問いません。様々な背景を持つ人たちの視点でチェックしてもらうと、自分の中にはなかった気づきをもらえることがあります。

あなたが取り組もうとしているジャンルに関して知識のない人から見ても事業の魅力を理解してもらえることが理想です。

2.事業計画書の書き方で重要な4つのポイント

事業計画をまとめるにあたって、4つのポイントを十分に説明できているか、をチェックします。

この4つの視点をもれなくカバーすることによって、事業計画書の完成度高まります。

■将来性
その事業がどれだけ社会の役に立つのか、どんな価値を生むのか、ということを事業の可能性や魅力をしっかり訴えます。

逆に言うとありきたりで既存企業との差別化を用意できないと実際に事業を起こしても早いうちに淘汰されてしまいます。

将来性を裏付ける情報として、顧客ニーズの調査結果や競合比較、経営者のビジョンや理念などを揃えていきましょう。

■実現性
事業が非常に魅力的で将来性に満ち溢れていたとしても、実現できなければ意味がありません。

例えばiphoneを超えるスマホを作って売れたら確かに将来性はありそうですが、現実的には非常に厳しいと言わざるを得ません。

技術的裏付けや市場動向、販売戦略、プロモーション戦略といった情報を揃えていきましょう。

■収益性
将来性があり実現も可能だとわかっても、利益が出せなければ事業とは言えません。

例えば、今後も増え続ける高齢者に買い物代行サービスを提供するのは将来性も実現性もありますが、収益性に関しては疑問を感じます。販売計画や収益予想などの情報を揃えていきましょう。

■実行性
収益が出る見込みも十分にあると分かったら後は、その事業を実行する力があるのかどうか、を見せなければいけません。

例えば、美容院なら、たくさんの顧客を持つカリスマ美容師を確保しているとか、メディアで注目されている美容院コンサルタントがパートナーになっている点などをアピールします。

組織・開発体制、資金計画などの情報を揃えていきましょう。

3.事業計画書のテンプレート

事業計画書には、これでなければならないというフォーマットがありません。

自分の好きなように書いてOKですし、エクセルでもワードでもパワポでも、何を使っても構いません。
ただ白紙の状態から書き上げるのはさすがに大変なので、テンプレートを使うと便利です。
biz oceanのHP

また、融資を受ける場合には金融機関独自のフォーマットが用意されていることが多いです。

例えば起業時の融資先の最有力候補として日本政策金融公庫という政府系金融機関がありますが、下記のページから事業計画書はじめとした、各種テンプレートをダウンロードできるようになっています。

記入例も用意してあるので、日本政策金融公庫に融資を申し込む場合には、最低でも記入例に負けないだけの情報を書き込む必要があります。

日本政策金融公庫のHP

あとは、事業計画書のテンプレートから作成サポートツールというのがあります。

ドリームゲートのHP

このツールを使うと、健全経営をしている先輩経営者を独自調査した結果と、あなたが作成した事業計画とを比較・判定してくれます。

4.マイケル・E・ガーバー流、事業計画書のつくり方

アメリカの起業コンサルタントである、マイケル・E・ガーバーという人が、事業計画書をつくるうえで、たった16の質問に答えることによって、事業計画書をつくるというものがありますので、紹介していきたいと思います。

■事業理念についての5つの質問

  • 現在の社会において、あなたが一番解決しなくてはいけないと思っている問題は何ですか?
  • あなたはなぜ、その問題を解決したいのですか?
  • あなたは、どうやってその問題を解決しますか?
  • あなたが得意なことは、何ですか?
  • その問題を解決することで、どうなりますか?

■市場分析についての6つの質問

  • あなたの商品、サービスを購入したいと思っている人はどんな人ですか?
  • 競合となる他社のサービス、商品は何ですか?
  • あなたの商品、サービスの特徴を一言で言い表すと何ですか?
  • あなたの商品、サービスを効果的に顧客に知ってもらうためには、どうすればよいでしょうか?
  • 見込み客を注目させるのは、どのようなメッセージですか?また、安心感を与えるのは、どのようなメッセージですか?
  • あなたの商品、サービスの市場規模の推移(トレンド)は、どうなっていますか?

■財務についての5つの質問

  • あなたの(今後設立する)会社の固定費は、いくらですか?
  • あなたの商品、サービスの原価(変動費)は、いくらですか?
  • あなたは、あなたの商品、サービスをいくらで販売しますか?
  • いくら売り上げたら、収支がトントンになりますか?
  • あなたが理想とする売り上げはいくらですか?

以上、16の質問に対して答えるだけで、事業計画書は完成すると思います。

この形を基本形にして、あとは過不足があれば、調整していき完成度が高い事業計画書が出来るように見直しと手直しを繰り返せば良いと思います。

参考文献
「ガーバー流事業計画書のつくり方~起業したい人への16の質問~」

5.まとめ

事業計画書の内容次第によって、そのビジネスが実現するか、成功するのかさえ大きく左右されると思います。

それだけ事業計画書というのは、ビジネスにおいては、重要ものだということです。

ですから、手を抜くことなく全力で事業計画書を書くべきだと思いますし。

事業計画書を書く際には、是非ここに書いてある通りの方法を参考に実践していってほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*